自分を変えたいと思っていても変えられない3つの原因と対策

何か自分を変えたいと思っている人は多いと思うけれど、実際に変えれたという人は少ない。

なんとなくだけど変えれた人と変えれなかった人の割合は2:8位なんじゃないかって思う。

いや、もっと少ないかもしれない。

ぼくもはじめは何が違うのだろうと試行錯誤していたのでなんとなく気持ちは分かっているつもり。

変えることができない理由を深掘りしてみたら3つデンインが出てきたのでお伝えする次第だ。

新しいことをすると今までの生活リズムが変わる問題

何をするにもそうだけど、新しいことをするとその分時間が取られてしまう。

そうなると、それまでの自分の時間にプラスで時間を作らないといけなくなってしまうのでめんどくさいと思ってしまう

だからできない。

もっというと時間が取れないっていうのを言い訳にしていると個人的には感じてしまう。

だったら時間を作ればいいだけだったりする。

今の1日の流れをよく見直してほしい。

本当に全てがやらないといけないことですか?おそらくそうではないと思う。

だったらその中で30分、1時間でも時間を作ればいいだけ。

たったそれだけでできてしまうのでぜひやってみて欲しい。

完璧を求めてしまう問題

何かを始めようとすると、「まだ自分は全然できないのでできないです」「もっと詳しい人がいるので自分はやれないです」など思ってしまうこともあるだろう。ぼくもそうだったし。

どうゆうことかというと、ただ完璧を求めているだけということが言える。

そもそも完璧な人なんていないということをわかったほうがいいし、野球のイチローですらも良くて打率4割近くなわけだから10割、すなわち完璧にできる人なんてそもそもいないってことでしょ。

結論としては完璧でなくてもやってしまえばいい。

知識が足りなかったりしたとしても調べれればいいだけだし、人に迷惑をかけなければ大丈夫。

あらゆる専門家も生まれてからすぐに専門家になったわけではないし、プロのスポーツ選手もはじめからプロ並みにできたわけではない。

お店でも研修中の名札をつけている人がいるように完璧でなくてもやらないといけないことって実はたくさんある。

このブログだってそう。

今とはじめの方では書き方も違うし画像だって違う。言ってみたら今でも全然機能を使いこなしていないけれどこうやって書いている、それが事実。

なのでとにかくやってしまえばいいということがわかってもらえれば幸いだ。

後からやろうと思っている問題

ぼくも今でもあるけれどこれが一番厄介だ。

勉強して学ぶとなんとなくいつでもやれる気になってしまう。

実はそれって何もできていない、やれていないのと同じだったりする。

そんなのに限って後からやらない。

やろうと思ったらすぐにやってみる、その姿勢を保つことが大切。

そのためにはいつやるかをはじめに決めておくのがオススメだ。

ブログだったら毎週日曜日は必ず書くとか決めれば月4期時、一年で50記事にもなるし結局のところコツコツやるしか読者は集まらない。

はじめは無理しない程度でもいいから早く習慣化するのがいちばんの近道

これに関してはぼく自身もまだまだなので自分に言い聞かせるかのように書いてしまっている笑

最後に

新しいことを始めるってことはすごくエネルギーを使うはずだ。

ゆえにめんどくさいと感じたり、難しいと感じてしまうこともあるだろう。

だからこそすぐに取り掛かったほうがいいし、失敗もするなら早めにしておいたほうがいい。

新しいことって思っているのは所詮自分だけだからさっさと取り掛かって失敗して改善してまたやればいいって思っている。

やっぱり、やらないことがいちばんもったいないことだから。

なんか自分への手紙みたいになってしまったけれどLINE@の友だちを募集しています。

ここでしか発信していないお得情報や個別のやりとりも楽しくしているので興味があれば是非〜

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

笑えるセールスマン平手

30歳の時に心肺停止からよみがえった奇跡の人。 販売、営業歴10年以上。ブサメンながらイケメンに負けない圧倒的なポジティブトークでトップセールスマンに。 販売研修講師、店舗コンサル、販売ヘルパーとして独立している笑えるセールスマン。