超便利機能!iphoneで簡単に写真も送れるAirDropの使い方

みんな大好きiphoneだが機能を使いこなしている人って意外と少ない。

もちろんぼくもだけど。

しかも最近のケータイって説明書もついていないしよくわからない。

だからこそ発見した時の感動もあるかもだけどそもそも探さない。

現役ショップ店員としてこれだけでも知ってほしい機能を紹介しよう。

それはAirDropだ。

これを知っているだけでiphoneを使いこなしている感も出せてしまうのでお伝えしよう。

AirDropって何?

そもそもAirDropって何なのとなりそうなのでそこからお伝えしよう。

簡単にまとめると

iPhone(iPad,Mac含む)同士が近くにあれば写真や連絡先などのデータが簡単に一瞬で送れてしまう機能だ。

しかも、ケータイの契約やwifiがなくてもできてしまう

本当に便利。

何を隠そうこのブログのケータイ関連の記事中の写真も、iphoneで撮った写真をアプリで加工してAirDropでMacに送ったものを使っていたりする

【関連記事】バックアップもこれで安心!失敗しないiCloudの使い方まとめ

【関連記事】現役ショップ店員が教える機種変更でも安心!失敗しないLINEの引継ぎ方法

などがそれだ。

これだけでも便利さが伝わったと思うがもっと深掘りしていこう。

AirDropで送れるもの

実際に何が送れるのってなると思うので解説して行きます。

写真、動画

何と言っても使用頻度No1が写真と動画だ。

ショップ店員目線では、バックアップ用の外部アクセサリを売らないといけないのだけれどぶっちゃけAirDropで良いんじゃねと思うくらいだ。複雑…

連絡先

これは自分の連絡先だけではなくて、あなたのiphoneに入っている連絡先全てを送る事ができる。

ここでいう連絡先は、その人一人一人の情報なので連絡先に住所やメールアドレスが入っていたらそれも送れてしまう。

なので電話番号を交換する時にはかなり便利だ。

今やLINEの事態とは言われているが、仕事関連だと電話番号の交換が一般的、それがスマートにできる事間違いなしだ。

位置情報(地図)

近くにいてはじめて使えるAirDropなので使い道は不明だけれど位置情報も送れてしまう。

おそらく旅行時や散策時に使うのが良さそう。

Safariのページ(URL)

これも個人的には結構便利だと思っていて、iphoneで見ているページをipadで見たい時に使える。

いちいちURLをメモするのも面倒だし、検索するのも面倒。

なのでipadを持っているのであればブックマーク感覚で使えてしまうのが魅力だ。

他には、SafariでみているPDFをipadで見る時にもすごく使える。おすすめ!

AppStoreのアプリ

人にアプリを進める時に使う感じだと思うが、アプリの名前で検索すれば良いだけなので実際はほとんど使わなかったりする。

使い方を考えてみたけれど、これだけは思い浮かばなかったのはナイショで笑

と、いうようにAirDropは様々なものを送受信できる機能という事がお分かりいただけたはずだ。

AirDropの設定方法

設定方法はいたって簡単。

まずはwifiとBluetoothをオンにする(それぞれ繋がっていなくても大丈夫です)

そして設定をタップそして一般

AirDropをタップ

送信先の設定ができるので選択。ちなみにぼくはすべての人にしています。

これで準備完了。

AirDropの使い方

今回は、写真でやりますが他の送り方も同じです。

送りたい写真を選択して左下の四角に矢印マークのボタンをタップ

そうすると送り相手が表示される。

複数枚同時に送りたいときは横にスライドして選んでから送り相手の表示をタップするだけ。

これだけです!

ちなみにURLなど他に送りたいものの場合も四角矢印を押して同じ要領で送る事ができます。

まとめ

意外と簡単位できる事がお分かりいただけただろうか?

機種変更でこの写真だけ移したいって時も使えてしまうので、ぜひ使いこなしてドヤ顔してみよう笑

LINE@ではジャンル関係なくお得な情報を独断と偏見で発信してるので興味ありましたら友だち追加してもらえたら幸いだ。

 

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

笑えるセールスマン平手

30歳の時に心肺停止からよみがえった奇跡の人。 販売、営業歴10年以上。ブサメンながらイケメンに負けない圧倒的なポジティブトークでトップセールスマンに。 販売研修講師、店舗コンサル、販売ヘルパーとして独立している笑えるセールスマン。