不安や悩みは壁が近すぎて大きく見えているだけ

給料日までまだ日があるのにお金がないとか、締め切りに間に合わないとか、好きな子に振り向いてもらえないなど人には大なり小なり不安や悩みがある。

ぼくもそうだが不安な時ほど他のこともうまくいかなかったり何かとよくないことが重なってしまう。

そんな不安だが、終わって見ると以外の大したことはなかったってこともちらほら。

なんでそう感じているのかを考えてみた。

不安な時は周りが見えなくなる

実際の体験談だけど、入金まであと一週間だけど財布には2000円しかないからどうしようとなった。

その一週間はなんとかやりくりしたり、お金を作るにはどうすれば良いかをずっと考えていた。

ご飯も極力食べず飲み物も家で沸かしたお茶を持って行ったり実際に行動もした。

もちろんなりふり構っている場合ではないし、周りの目も気にしている場合でもないから必死。

火事場の力とはよく行ったもので結果的になんとかなったりする。

だけどその時は、誰にも相談できずに一人で考えていたからそれ以外のことは全然頭に入ってこないし大丈夫と聞かれても大丈夫って言っていた

冷静に考えてみたら、相談さえしていればもっと早い段階でなんとかなっていたと思うし、変なプライドが邪魔していただけだったんだなあと感じた。

それくらい不安な時って周りが見えなくなるので要注意。

一歩下がって考える

不安な時は目の前に壁があるから高さもわからないし、超える方法もわからない。

だけど、目の前にある壁だからこそ一歩下がってみて見ることで意外に低いって思うかもだし、一歩下がって全体が見えたからこそ壁の越え方も見えてきたりする

だからこそ、先ほどのお金がないって言うのも実際にお金が入ってきたときに初めて壁がそこまで大きくなかったんだと感じただろうし笑い話にもなる。

なのでがむしゃらに突き進むことも大切だけど、不安な時こそ一歩下がってみて全体を見渡して見ることもおすすめだ。

人に思い切って相談する勇気を持つ

自身もそうだが不安なことを打ち明けるのって勇気がいる。

変なふうに思われたらどうしよう、もっと凄い人に見られたいのに

こんな感情がどうしても邪魔をする。

ただ、思い切って相談すれば大なり小なり解決への近道になるだろう。

なぜかと言うと、自分の不安や悩みは他人にとったら大したことない可能性が高いからだ。

それで嫌われてしまったらそこまでの関係性だったって思えばいいだけなのだから。

まとめ

結果的には人に相談するのが一番早いし、自身で解決するのであれば一歩下がって考えることをお勧めする。

自分自身もできなかった経験があるので新たの気づきになれば幸いだ。

 

LINE@の友達を募集してます。

個別に質問も受け付けているし今なら【石ころすら売るための6ステップ】もプレゼント中なので興味のある方はぜひ。

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

笑えるセールスマン平手

30歳の時に心肺停止からよみがえった奇跡の人。 販売、営業歴10年以上。ブサメンながらイケメンに負けない圧倒的なポジティブトークでトップセールスマンに。 販売研修講師、店舗コンサル、販売ヘルパーとして独立している笑えるセールスマン。