使いにくい?ipheneXで変更された基本的な操作方法

iphoneXが発売されて半月ほどたったけど、生産数が圧倒的に少ない(Appleの戦略?)状況であなたはもう手に入れましたか?

もちろんぼくは現役ショップスタッフなので完全に後回し(まだ今の機種の分割金が残っているだけ笑)ですがお客様がいない時間のスキを見て触りまくっています。

ホームボタンがないこのiphoneXですが実は、ホームボタンがないことで結構使い方が変わって困っている人がいるという声をショップでもよく聞くので基本的な使い方をまとめて見ました。

せっかくのケータイなのに、買っただけで使いこなさないともったいないですからね。

各ボタンの役割

まずはボタンの役割から説明しよう。

実はボタンの役割はほぼ同じなので知っている方はスルーで。

①着信、サイレントスイッチ

いわゆるマナーモードの切り替えスイッチ。スイッチをしたにするとマナーモードになる。

②音量UP

③音量DOWN

④サイドボタン

今回はここが微妙に違っていて電源ボタンではない。あくまでもサイドボタン。

各基本操作

各ボタンの名前を知ったので早速基本操作を説明しよう。

ホーム画面に戻る

下端から上にスワイプ(なぞる)ことでホーム画面に戻る。

最近使用したアプリを切り替える

iphone8までだとホームボタンを2回押すことでできたこの操作。

今回は画面下部→上にスワイプ(なぞる)して止めると起動しているアプリの一覧が表示されます。

これが溜まりすぎると不具合の原因になる場合もあるので注意が必要だ。

起動しているアプリを終了する

先ほどの使用したアプリの一覧を表示させた状態で、狩猟していアプリを長押しして、アプリの左上に「ー」が表示されたら、上にスワイプ(なぞる)する。

ここは今までと変わっているのでわからなかった人も多いかも。

電源オフ

サイドボタンと音量ボタン(UP、DOWNどちらか)を同時長押しすると画面上部に「スライドで電源オフ」が出現、右にスライドする

強制終了、再起動

実は意外に知られていない強制終了。フリーズしてしまったり調子が悪い時にやるのがオススメだ。

iphone7以前、iphone7、iphone8、iphone10それぞれにやり方が違っている。

近々まとめて記事にするつももりだ。

  1. 音量UPボタンを押して離す
  2. 音量DOWNを押して離す
  3. サイドボタンをAppleロゴ(リンゴ)が表示されるまで押さえる

スクリーンショットを撮る

これもiphone7以前と以降ではやり方が違う。

iphoneXはiphone7以降のやり方と同じだ。

サイドボタンと音量UPボタンを同時に押し、すばやく離す。(押しっぱなしではない)

コントロールセンターを開く

今までは画面下部を引き上げてやっていたこの操作。今回は

右上段橋から下にスワイプ(なぞる)する。

通知センターを表示する

今までは画面上部を引き下げてやっていたこの操作。今回は

左上部から下に(スワイプ)する。

Siriを起動

今まではホームボタンを長押しでできたこの操作、知らないうちに起動してしまった方も多い買ったのではないでしょうか。今回は

HEY Siri」と話しかける。もしくは、サイドボタンを押したままリクエストする。

Apple Payを使用

サイドボタンを2回押す。

まとめ

いかがだっただろうか?

今回は基本的な操作方法をまとめてみたが、アプリまで深掘りするとまだまだ多くありそう。

もしかしたらiphoneXの操作が定番になる可能性もあると個人的には感じるので覚えておいても損はなさそうだ。

持っていなかったとしてもドヤ顔で教えれそう笑

ご不明点ありましたらLINE@で個別の質問を受けつけているのでそちらまで。

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

笑えるセールスマン平手

30歳の時に心肺停止からよみがえった奇跡の人。 販売、営業歴10年以上。ブサメンながらイケメンに負けない圧倒的なポジティブトークでトップセールスマンに。 販売研修講師、店舗コンサル、販売ヘルパーとして独立している笑えるセールスマン。