コミュ症がいつの間にか損していること

どうも!
笑えるセールスマン平手です!

身近にコミュ症の人がいるのでいつも話を聞いたり観察したりしているのですが色々聞いてみて損しているなって思ったことがあったのでシェアしていきます。

人に興味がないゆえに

 

コミュ症に聞いたところ、どうやらあまり他人に興味がない傾向にあるようです。

要するに、自分の世界に入り込んでしまい外を見ようとしていない感じがします。

大勢で話をしている時にコミュ症に話を振っても「えっ?」となることが多く悪く言ってしまえば興味がないゆえに人の話を聞いていないということが言えるし、良く言えば常に自分の世界に入っているということが言えます。

雑談の時ぐらいだったらあいつ聞いてないなくらいで終わるのでいいのですが、仕事中は特に注意が必要です。

話を聞いていない風に思われがちになってしまうので怒られることが多いです。

しかも、コミュ症がゆえにすぐに返事や意見を言えなかったりするので相手の心証が悪くなってしまうことが多々有りますというかそんな場面をよく見かけます。

また、目を合わせたりもあまりないので言いやすく思われがちで何かと注意されたりしてしまいます。

具体的に言うと、話を振られた時にテンパっちゃう人は要注意です。

すこーしだけでも周りに注意するといいですよ!

興味がないと思われているがゆえに

興味がないと周りに思われてしまうとさらに損してしまうことがあります。

はっきり言ってしまうと

いろいろなお誘いが減ってしまう

ということです。

そうなってしまうとますます自分の殻に閉じこもってしまい何も前に進まないですし悪循環になってしまいます。

そもそも誘われることがめんどくさいって思うこともあるかもですけれど、そのめんどくさいの壁を超えたところにはまだ知らない世界があるかもしれないし、そもそも行ってみたら以外と楽しかったっていうことも多々あります。

やはり、行動しないと人は変わらないと思うので少しづつでもいいので一歩踏み出してみるのが大切です。

それの積み重ねで徐々に変わっていけると思うし人との付き合い方も変わってきたりします。

お誘いがなくなってくるがゆえに

毎日にハリがなくなってきて無気力になる可能性があります。

そうなってしまうと仕事も「ただいればいいや」という気持ちになってしまうし、プライベートでも自分の殻に閉じこもりっ放しになってしまい、怒りの原因を自分にではなく人に向けてしまうこともあるので注意が必要です。

僕もイラっとする時もあるけれど、よく考えてみると、そもそもの原因は自分にあるのでそれに気がつくと他人に対してイライラすることもなくなってきます。もっとこうすればよかったという考え方に変わってきます。

コミュ症が悪ではない

いろいろ書いてきたけれど、決してコミュ症が悪いというわけではないのであしからず。

ただ、単純に見ていて色々損しちゃっているなって思ったのでそんな人に届けばという思いだったりします。

いろんな人とコミニケーションを取れた方が毎日楽しくなる可能性が上がるし色々な体験ができるようになるよってことですし。

やったことない体験をすると話のネタも増えるし充実感もあるから毎日に生活にハリが出てきて心のバランスもとりやすくなるはず。

実際に僕がかなりの行動派でなんとなく行ってきたとかが多いのだけど、そこでまた新たな人との出会いもあるし確かに疲れるかもだけど充実感があるので全然問題ないって思えたりします。

なので自分中心というよりかは少し客観的に自分を見てみることで足りないところがわかると思うので一度試してみて少し行動をしてみると人生が広がってきますよ。

ABOUTこの記事をかいた人

笑えるセールスマン平手

30歳の時に心肺停止からよみがえった奇跡の人。 販売、営業歴10年以上。ブサメンながらイケメンに負けない圧倒的なポジティブトークでトップセールスマンに。 販売研修講師、店舗コンサル、販売ヘルパーとして独立している笑えるセールスマン。